この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

思ったより自由?

おみくじの基本

今は占いの位置づけにあるおみくじですから、そこに書かれている吉凶を見て一喜一憂しますよね。
大吉と凶は良いか悪いかわかりやすいですが、他の吉凶の順番はわかりますか。
神社によっては細かく分かれている吉凶ですが、良い順に大吉・吉・中吉・小吉・末吉・凶、の順が一般的です。
それから、一度引いたおみくじが悪かった場合、引き直したことがある人もいるかもしれませんね。
おみくじは何度も引いて良しとされていますが、一日に一回しか引いてはいけないと言われていたり、逆に何度引いても問題ないと言われていたり、はっきりしないところです。
あなたの心持次第、というところでしょうか。
また、何度も引いたからといって、前に引いた悪い結果が上書きされるわけではないようですよ。

結ぶ?持ち歩く?

ご縁があってあなたのところに来たおみくじですが、神社に結んできたり、大切に持っていたりと、その後の扱いも様々です。
大吉や吉なら持ち歩く、凶なら神社に結ぶ、なんて聞いたことはありませんか?
実はこちらも明確なルールはありません。
大切なのはおみくじの結果ではなくて、そこに書いてある内容だからです。
前述のとおり、おみくじの言葉は神様からのお告げです。
何に用心せよとか、何は安心だとか、いろいろ書いてありますよね。
その神様の言葉を心に留め、願い事が叶うまで大切にする、というのが基本のようです。
また、要らなくなったおみくじをゴミ箱にポイするのは、ちょっと気が引けますよね。
神社ではお札やお守りをお焚き上げしてくれますので、おみくじも一緒にお願いしましょう。


TOPへ